フレシャスの解約まとめ。主婦目線で徹底調査して判明した驚きの結果とは?

 

フレシャス解約の手続きって、

 

 

本当にこんなに簡単な手続きで大丈夫?


 

って、心配になるくらい簡単にできます。

 

 

 

ところが、フレシャスを解約した後に後悔してしまうケースが多いことは、解約前に知っておく必要があります。

 

 

そこで今回は、

 

  1. 前半ではフレシャスの解約方法
  2. 後半ではフレシャスの解約後に後悔しないためのポイント

 

についてご紹介していきます。

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。

 

効率よく必要な情報を確認するためにも、ぜひご活用ください♪

 

【この記事のポイント】
  1. フレシャスのレンタルの場合の解約方法
    1. 解約の連絡
    2. 最低契約期間
    3. 契約期間内の違約金
  2. フレシャス購入プランの解約方法
  3. 解約の連絡後、ウォーターサーバー引き取りまでにやっておくべきこと!
  4. @ 在庫の水を使い切る
  5. A サーバーの水抜き
  6. B 他者に乗り換える場合は、乗り換え先のキャンペーンの適用条件を確認しておく
  7. フレシャスの解約で後悔する4つのパターンとは?
  8. @ クーリングオフ制度を知らなかった
  9. A 解約金以外の料金が発生した
  10. B 料金の安さにつられて他者メーカーに乗り換えたが思ったより安くなかった
  11. 最も注意すべきは他者ウォーターサーバーへの乗り換え
  12. ボトルの宅配が不要のウォーターサーバーとは?
    1. 水道直結式ウォーターサーバーとフレシャスのお水代の比較
    2. 水道直結式ウォーターサーバーならフレシャスのこんな不満は心配無用
  13. 水道直結式ウォーターサーバーにもデメリットはある
  14. デメリット1:天然水の利用ができない
  15. デメリット2:水道水栓から離れた場所に設置できない
  16. デメリット3:利用開始にあたって初期工事が必要
  17. 水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイント5つ
  18. ポイント1:初期設置費用の工事料金
  19. ポイント2:月々のレンタル料金
  20. ポイント3:キャンペーンなどの割引サービス
  21. ポイント4:契約後のサービスの内容
  22. ポイント5:選べる機種の数
  23. 水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイントまとめ
  24. 【当サイトのおすすめ】フレシャスから乗り換えでお勧めの水道直結式ウォーターサーバーランキング
  25. フレシャスから乗り換えるなら【ウォータースタンド】がお勧め!
    1. 理由1:乗り換えキャンペーンを実施中
    2. 理由2:フレシャスに負けないくらいアフターサポートが充実している
    3. 理由3:おしゃれなデザインのサーバーが数多く用意されている
  26. 【ちょっと意外な衝撃の事実】フレシャスの解約金を支払ってでもウォータースタンドに乗り換えた方がコスパが良い
    1. フレシャスの解約金を支払ってでもナノラピアネオを利用した方がコスパが良い
  27. まとめ

 

 

フレシャスのレンタルの場合の解約方法

解約の連絡

 

フリーダイヤルのお客様サポートセンターにメールや、電話で連絡する事で解約が可能です。

 

フリーダイヤル
0120-800-026

 

平日:9時00分〜20時00分
土日・祝日:9時00分〜17時00分

 

 

 

解約の連絡を入れたのち、改めてフレシャスのスタッフから解約金や、解約までの流れを教えてくれます。

 

解約の時に、解約理由を聞かれることがあるそうですが、しつこく引き止められたり、なかなか解約できないと言うことはなさそうです。


 

 

最低契約期間

フレシャスの最低契約期間:2年

 

契約期間内の違約金

 

1年未満での解約 15000円
1年経過後から2年未満での解約 9000円

 

 

 

もし、解約後にウォーターサーバーの変換ができないときは、別途ウォーターサーバー代金として32400円が必要になるので注意が必要です!


 

フレシャス購入プランの解約方法

 

フレシャス購入プランの場合は、契約期間内での解約に伴う解約料金の発生はありません。

 

 

 

ただし、サーバーの購入代金を分割している場合で、サーバーの残額を支払った後の解約となります。

 

 

 

解約方法はレンタルの場合と同じで、フリーダイヤルのお客様サポートセンターにメールや、電話で連絡する事で解約が可能です。

 

フリーダイヤル
0120-800-026

 

平日:9時00分〜20時00分
土日・祝日:9時00分〜17時00分

 

解約の連絡を入れたのち、改めてフレシャスのスタッフから解約金や、解約までの流れを教えてくれます。

 

 

解約の連絡後、ウォーターサーバー引き取りまでにやっておくべきこと!

 

  1. 在庫の水を使い切る
  2. サーバーの水抜き
  3. 他者に乗り換える場合は、乗り換え先のキャンペーンの適用条件を確認しておく

 

 

早速詳しく見ていきましょう!

 

 

 

@ 在庫の水を使い切る

 

解約の手続きの前にやっておきたいことは、在庫の水を使い切ることです。

 

 

 

解約と同時に、在庫の水を飲みきるように、配送の休止システムを利用するなどして調整しましょう!

 

 

 

ちなみに、フレシャスの解約について、電話連絡を行った場合は、担当スタッフと引き取りの日程を相談して決めることができます。

 

 

 

その場合、水の在庫についても、飲みきれるように丁寧に相談に乗ってくれるので、個人的には電話での解約がお勧めです!

 

 

 

A サーバーの水抜き

 

フレシャスの水は、温水と冷水をタンクに貯めて利用しています。

 

 

 

なので、サーバーの移動などの際には、サーバーの中に残っている水を抜いて行わなければなりません。

 

 

 

もし、サーバーの中に水が残っていると、途中で溢れてしまって水浸しになる可能性があります。

 

 

 

それを防ぐためにも、ウォーターサーバーの中に残っている水を確実に抜いておきましょう!

 

 

 

ただし、水抜きを行う際には、ちょっとしたポイントを押さえた上で行わないと、床が水浸しになったり、火傷してしまう人も多いようです。

 

 

 

フレシャスの水抜きに関しては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

B 他者に乗り換える場合は、乗り換え先のキャンペーンの適用条件を確認しておく

 

他者に乗り換えキャンペーンを、適用してフレシャスの解約を考えている方は特に注意が必要です。

 

 

 

それと言うのも、乗り換え先のウォーターサーバーによって、キチンとした手続きを踏んでいないとキャッシュバックを受けられない可能性があります。

 

 

 

乗り換えキャンペーンを適用して、フレシャスの解約に伴う料金をキャッシュバックしてもらう予定なら、一度乗り換え先の適用条件を確認しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

フレシャスの解約で後悔する4つのパターンとは?

 

  1. クーリングオフ制度を知らなかった
  2. 解約金以外の料金が発生した
  3. 料金の安さにつられて他者メーカーに乗り換えたが思ったより安くなかった

 

フレシャスの解約に伴って、上記の3つのようなことが原因で後悔するケースがあります。

 

 

@ クーリングオフ制度を知らなかった

 

フレシャスの契約を大型ショッピングモールなどの試飲会場で契約した場合などにクーリングオフできる場合があります。

 

 

 

ただし、クーリングオフできる期間が、申し込み書面または、契約書面のいずれか受け取った日の早い方から計算して8日以内にクーリングオフの手続きをする必要などの条件があります。

 

 

 

クーリングオフができるのに、クーリングオフを利用せずに解約手続きをして解約金を支払った場合です。

 

 

 

クーリングオフに該当するかどうかはっきりしない場合には、消費者センターに電話でクーリングオフができるかどうかを確認すると良いでしょう。

 

 

 

クーリングオフとは、解約金や違約金の支払いをすることなく、契約を解除できる仕組みのことを言います。


 

 

 

 

 

A 解約金以外の料金が発生した

 

フレシャスの契約期間内に、解約する場合には解約に伴う解約金を支払わなければいけません。

 

 

 

契約前に、どんなサービスを受けることができるのかをしっかりと確認してから契約をすることをお勧めします。

 

 

 

特に注意したいのは、他者からフレシャスに乗り換えキャンペーンの適用を受けて契約した後に、契約期間内にフレシャスを解約する場合です。

 

 

 

この場合、解約金に加えて、キャッシュバック料金の返納が必要になるので注意が必要です。

 

 

 

B 料金の安さにつられて他者メーカーに乗り換えたが思ったより安くなかった

 

フレシャスの利用で、不満に感じた人が、他者のキャンペーンやサービスに魅力を感じて乗り換えて後悔するパターンがあります。

 

 

特に多いのが、フレシャスよりも水の料金が安いという理由で他社メーカーに乗り換える場合だそうです。

 

 

 

実際に乗り換えてみると、フレシャスよりは料金が安いとはいえ、お水の料金を全く気にすることなく利用することができるとはいえないそうです。

 

 

 

最も注意すべきは他者ウォーターサーバーへの乗り換え

 

特に注意したいのが、他者のウォーターサーバーへの乗り換えです。

 

もし、

 

  • 水パックの交換が手間
  •  

  • 水の注文や受け取りが面倒
  •  

  • 水パックの保管スペース
  •  

  • 利用料金が思ったより高い
  •  

  • 水が臭い
  •  

 

と言う事に不満を抱いて、フレシャスの解約を検討するきっかけになったなら要注意です。

 

 

 

 

よく考えてみてくださいね。

 

 

 

 

この不満って、突き詰めると、

 

  • ウォーターサーバーで利用する水が配送されること
  •  

  • 水の利用量に応じて料金が高くなる
  •  

  • 水が古い
  •  

 

ことが原因なはずです。

 

 

 

と言うことは、

 

  • いくら今より水の料金が安いウォーターサーバーを利用
  • 乗り換えキャンペーンで解約金が無料になる

 

乗り換えを検討している先のウォーターサーバーのメーカーが宅配タイプの場合、フレシャスの時と同じように不満に感じる可能性が高いと言うことです。

 

 

 

 

じゃあ、どのウォーターサーバーも使えないじゃん!


 

って、声も聞こえてきそうですが大丈夫です!

 

 

 

まだまだ知名度は低いですが、今徐々にボトルの宅配を必要としないウォーターサーバーの利用を検討してみると良いでしょう。

 

 

ボトルの宅配が不要のウォーターサーバーとは?

 

今、ボトルの宅配されるウォーターサーバーから水道直結式ウォーターサーバーに乗り換える人が増えています。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーってなに?


 

 

 

そんな声が聞こえてきそうなので、簡単に紹介すると、自宅の水道水をサーバーの中のフィルターでろ過して利用するウォーターサーバーです。

 

 

水道直結式ウォーターサーバーとフレシャスのお水代の比較

 

水道直結型のウォーターサーバーは、水道水を利用するので、お水代は水道代以外かかりません。

 

 

 

ちなみに、東京都の場合、水道代は1リットルにつき約0.2円です。

 

 

 

【1ヶ月に28.8リットル水を利用した場合の料金】

 

 

フレシャス 4620円
水道直結式ウォーターサーバー 5.67円

※1 フレシャスは、フレシャススラット・フレシャス富士を利用した場合の料金
※2 水道直結式ウォーターサーバーは、東京都の水道代で計算

 

 

これまでフレシャスのお水を1ヶ月に、28.8リットル、4620円かかっていたとします。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーなら、同じ量の水を利用したとしても、お水代は約5.67円で利用できます。

 

 

 

【1ヶ月に28.8リットル水を利用した場合の1年間の料金】

 

 

フレシャス 55440円
水道直結式ウォーターサーバー 68.04円

※1 フレシャスは、フレシャススラット・フレシャス富士を利用した場合の料金
※2 水道直結式ウォーターサーバーは、東京都の水道代で計算

 

 

年間で考えると、55371.96円もの差があります!

 

55440ー68.04=55371.96

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーに乗り換えるだけで、家計を見直すことになりますね。


 

 

水道直結式ウォーターサーバーならフレシャスのこんな不満は心配無用

 

 

それ以外にも、水道直結式ウォーターサーバーの利用で、フレシャスで行なっていた

 

  • 水パックの交換
  •  

  • 水の注文や受け取り
  •  

  • 水パックの保管スペースの確保
  •  

  • 利用料金を計算して配送周期を考える
  •  

 

という不満を解決することができます。

 

 

 

もちろん、水の保管方法が問題で発生する水の臭いに悩まされることもありません!

 

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーにもデメリットはある

水道直結式ウォーターサーバーは、フレシャスの利用に関して料金が気になって、フレシャスの水を利用するのに不満がある人には特に魅力的に見えるかもしれません。

 

 

 

だからと言って、簡単に水道直結式ウォーターサーバーの利用を決めるのも要注意です。

 

 

 

それと言うのも、魅力的に見える水道直結式ウォーターサーバーにも

 

  1. 天然水の利用ができない
  2.  

  3. 水道水栓から離れた場所に設置できない
  4.  

  5. 利用開始にあたって初期工事が必要
  6.  

 

水道直結式ウォーターサーバーにも上記のような3つのデメリットがあります。

 

 

 

早速詳しく確認しておきましょう。

 

 

 

デメリット1:天然水の利用ができない

 

水道直結式ウォーターサーバーは、水道水をウォーターサーバーでろ過して利用するウォーターサーバーになります。

 

 

 

なので、富士山の天然水など有名産地の天然水を飲むことができません。

 

 

 

 

水道水を利用するということに対して不満があるかもしれませんが、もし不満があるようでしたら無料お試しサービスを利用してみると良いですよ!

 

 

 

デメリット2:水道水栓から離れた場所に設置できない

 

水道直結式ウォーターサーバーは、水道水とウォーターサーバーをつなげて利用することになります。

 

 

 

なので、水道水栓からあまり距離があると設置できない場合があるので注意が必要です。

 

 

 

 

機種にもよりますが、10メートル以上離れた場所でも設置することは可能です。

 

設置を希望する場所をあらかじめメーカーと相談することもできます。

 

心配な場合は自己判断することなくメーカーと相談して設置場所を決めましょう!


 

 

デメリット3:利用開始にあたって初期工事が必要

 

水道直結式ウォーターサーバーの利用を開始する際は、水道水栓とウォーターサーバーをつなげる設置工事が必要になってきます。

 

 

 

工事とはいえ、壁に穴を開けたりするような大がかりな工事ではなく、水道の蛇口に分岐水栓を取り付けるだけの簡単な工事です。

 

 

 

 

引っ越しなどで取り外す場合には簡単に修復できますので、賃貸住宅でも取り付けは可能です!

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイント5つ

 

  1. 初期設置費用の工事料金
  2. 月々のレンタル料金
  3. キャンペーンなどの割引サービス
  4. 契約後のサービスの内容
  5. 選べる機種の数

 

 

水道直結式ウォーターサーバーを選ぶ上でポイントとなるのは上記の5つです。

 

 

 

下記に詳しく解説していきます。

 

 

 

ポイント1:初期設置費用の工事料金

水道直結式ウォーターサーバーのメーカーによって、ウォーターサーバーを初回利用時に必要な工事費用が異なります。

 

 

初期工事の費用がサーバーレンタル料に含まれているので無料のメーカーや、1万円以上かかってくるメーカーもあります。

 

 

 

ポイント2:月々のレンタル料金

水道直結式ウォーターサーバーは、毎月定額のサーバーレンタル料のみで利用できます。

 

とはいえ。

 

 

 

メーカーによって、月々のサーバーレンタル料金にはばらつきがあります。

 

 

 

サーバーレンタル料金は、機種のタイプや、水道水のろ過能力などによって料金が異なりがます。

 

 

 

料金が安いからという理由だけでメーカーを選ぶのではなく、あなたの利用目的に応じた機種と値段をしっかりと把握した上で選ぶようにしましょう。

 

 

 

ポイント3:キャンペーンなどの割引サービス

水道直結式ウォーターサーバーのメーカーの中でも、キャンペーンなどの割引サービスは様々です。

 

 

他社サーバーからの乗り換え時に発生する解約に伴う料金を負担してくれるキャンペーンどを期間限定で行っているメーカーもあります。

 

 

 

逆にキャンペーンの充実していないメーカーもありますので、割引やキャンペーン情報についてはしっかりと確認しましょう。

 

 

 

ポイント4:契約後のサービスの内容

 

水道直結式ウォーターサーバーは、月々のサーバーレンタル料金に様々なサービスの料金が含まれています。

 

 

 

月々のサーバーレンタル料金に含まれているサービスの内容は、

 

  • 有人メンテナンスの有無
  • サーバーの故障時の対応

 

など、各メーカーによって全く異なってきますのでしっかりと確認を行いましょう。

 

 

 

ポイント5:選べる機種の数

 

水道直結式ウォーターサーバーには、スタンド型、卓上タイプ、カラー以外にも、様々な用途に応じた機種が用意されています。

 

 

 

メーカーによっては選べる機種が極端に少ないものもあります。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイントまとめ

 

水道直結式ウォーターサーバーの選び方のポイントをまとめてみましょう。

 

初期設置費用の工事料金

 

初期設置費用が無料のものから有料のメーカがある。

 

月々のレンタル料金

 

水道水のろ過の方法や、機種ごとの性能などがメーカーごとに異なるので、レンタル料金にも幅があるある。

 

キャンペーンなどの割引サービス

 

キャンペーンの充実しているメーカーと充実していないメーカーがある。

 

契約後のサービスの内容

 

契約後のサービス内容もメーカーによって差がある。

 

選べる機種の数

 

選べる機種が極端に少ないものから、どれにしようかみょってしまうほどじゅうじつしているメーカーもある。

 

という点です。

 

 

 

水道直結式ウォーターサーバーを選ぶときには、どういった目的で利用したいのかということを明確にしておくと良いでしょう。

 

 

 

どのメーカーも、値段相応ののサービスが展開されています。

 

 

 

上記のポイントを踏まえて、おすすめの水道直結式ウォーターサーバーをランキング形式で載せておきます。

 

 

 

参考にしてください。

 

 

【当サイトのおすすめ】フレシャスから乗り換えでお勧めの水道直結式ウォーターサーバーランキング

 

ウォータースタンド

 

 

 

お勧め度:

 

 

初期設置費用の工事料金:無料

 

月々のレンタル料金:3980円〜

 

キャンペーンなどの割引サービス:乗り換えキャンペーン、無料お試しキャンペーンなど充実

 

契約後のサービスの内容:年2回の有人メンテナンス、フィルター交換、故障修理対応、経年劣
化による本体交換無料

 

選べる機種の数: 10種

 

 

  • 初期設置費用の工賃無料
  • 月々のレンタル料金
  • キャンペーンなどの割引サービス
  • 契約後のサービス
  • 選べる機種

上記の全てのポイントをバランスよく兼ね備えているウォーターサーバーメーカーです。

 

 

 

契約期間も、他社のメーカーと比べて1年と短いのは大きな特徴です。

 

 

 

特に、ウォータースタンドの乗り換えキャンペーンについては、他社の水道直結式ウォーターサーバーメーカーでは行われていないキャンペーンです。

 

 

 

また、宅配方から乗り換えを検討していたり、初めてウォーターサーバーの利用を考えている方には、無料お試しキャンペーンも実施されていて嬉しいポイントがいっぱいです!

 

 

 

 

【期間限定乗り換えキャンペーン実施中】

\飲み水・お料理にも使えて主婦に大人気/

 

 

 

ウォータースタンド|詳しい解説サイトはこちら

 

 

 

ピュレスト

 

 

お勧め度:

 

初期設置費用の工事料金:10000円

 

月々のレンタル料金:2980円〜

 

キャンペーンなどの割引サービス: レンタル料金割引実施中

 

契約後のサービスの内容:フィルター交換無料

 

選べる機種の数:5機種

 

水道直結式ウォーターサーバーの中では、毎月のサーバーレンタル料金が最も安いのが特徴です。

 

 

 

料金体系も、下記のように非常にシンプルです。

 

  • ミネラルタイプ 2980円
  • 純水タイプ   3980円

 

 

 

キャンペーンも無料お試しキャンペーンがあるので、実際に利用して使い心地を試すことができるのは嬉しいポイントです!

 

 

 

ただ、他のメーカーとは違い、フィルターの交換は自分で行わなければいけないというのは残念なポイントと言えます。

 

 

 

とは言え。

 

 

 

フィルター交換は、子供でもできるほど簡単なものですのでご安心ください!

 

ピュレストの公式サイトはこちら

 

 

 

CoolQoo(クールクー)

 

 

お勧め度:

 

初期設置費用の工事料金:4200円〜

 

月々のレンタル料金:4200円〜

 

キャンペーンなどの割引サービス:

 

契約後のサービスの内容:年1回の有人メンテナンス、フィルター交換無料など

 

選べる機種の数:5機種

 

こちらのウォーターサーバーの一番の魅力は、水素水を生成できる水道直結式ウォーターサーバーがあることです。

 

 

 

サロンやクリニックなどでも利用される本格的な作りとなっています。

 

 

 

もちろん自宅でも利用ができるので、美容・健康意識の高い方はこちらのサーバーを利用されてみたいかがでしょうか?

 

 

 

水素水コース以外にも、 UFろ過コース、RO水コースが用意されているので、目的に合わせた利用ができますよ!

 

 

 

クールクーの公式サイトはこちら

 

 

フレシャスから乗り換えるなら【ウォータースタンド】がお勧め!

 

フレシャスからの乗り換えで最もおすすめな水道直結式のウォーターサーバーは、ウォータースタンドです。

 

 

 

早速それぞれについてみていきましょう^^

 

理由1:乗り換えキャンペーンを実施中

 

水道直結式ウォーターサーバーには、ウォータースタンド以外にも、

 

  • ピュレスト
  •  

  • CoolQoo(クールクー)
  •  

 

というメーカーがあります。

 

 

 

ところがこれらのメーカーの中で、乗り換えキャンペーンを行っているのは2019年2月現在ウォータースタンドのみです。

 

 

 

ウォータースタンド乗り換えキャンペーンでは、他社ボトルウォーター解約費用を、キャッシュバックしてもらうことができます。

 

 

 

キャッシュバックは、ウォータースタンドのサーバーレンタル料金に利用することができるポイントで最大で1万円分です。

 

 

 

ただし、2019年6月30日までの期間限定のサービスとなっているので注意が必要です!

 

 

 

理由2:フレシャスに負けないくらいアフターサポートが充実している

 

フレシャスを解約して後悔するパターンでもご紹介した通り、フレシャスの最大の特徴の一つはアフターサービスが充実しているという点です。

 

 

 

なので、他社のウォーターサーバーメーカーに乗り換えてアフターサービスが充実していないことに不満を感じている人も多いようです。

 

 

 

ところが、ウォータースタンドであれば、契約期間中のサーバーの故障や不具合に関しては無償で修理交換してもらえます。

 

 

 

さらに、年に2回の有人メンテナンスも無料で受けることができるので安心です。

 

 

 

また、他社であれば初期接地工事の費用として1万円前後の費用がかかってしまいますが、 ウォータースタンドなら無料で設置することができます。

 

 

 

理由3:おしゃれなデザインのサーバーが数多く用意されている

 

水道直結式ウォーターサーバーのメーカーでは、サーバーのラインナップが少なく、カラーを選ぶことしかできないという場合がほとんどです。

 

 

 

ところがウォータースタンドでは、全部で10種類のサーバーが用意されており、その目的や用途に応じて選ぶことができます。

 

 

 

もちろん見た目にも、フレシャスに負けず劣らずおしゃれなサーバーがたくさん用意されているので、逆にどれにしようか迷ってしまうほどです。

 

 

【期間限定乗り換えキャンペーン実施中】

\飲み水・お料理にも使えて主婦に大人気/

 

 

 

【ちょっと意外な衝撃の事実】フレシャスの解約金を支払ってでもウォータースタンドに乗り換えた方がコスパが良い

 

意外かもしれませんが、フレシャスの契約期間内で解約金がかかったとしても、ウォータースタンドに乗り換えた方が最終的にはコスパがいい場合が多いようです。

 

 

3人家族の家庭で、1日に1人コップ3杯の水を飲んでいたとします。

 

フレシャスdewo利用の場合の1年間の合計費用

 

 

1年間の合計費用 114360円

 

上記の想定だと、1日あたりコップ9杯の水を飲むことになりますね。

 

平均的なコップ一杯あたりの水の量は200mlです。

 

つまり、1日に必要なの水の量は1800mlになります。
200ml×9=1800ml=1.8l

 

すると1か月あたり、54リットルの水を消費することになります。
1.8l×30日=54l

 

この場合、フレシャスdewoの水2セットの注文が必要になります。

 

【Frecious富士】

 

7.2リットル入りのパックを4個1セット。
1セット28.8リットル。
Frecious富士の場合4600円

 

毎月の費用は9200円。
4600円(1パック)×2=9200円

 

1年間の料金は、110400円です。
9200円×12=110400円

 

さらに、公式サイトによるとフレシャスデュオの電気代は、1ヶ月あたり約330円です。

 

1年間の電気代は、3960円。
330×12=3960円

 

上記の想定の場合、サーバーレンタル料金は無料です。

 

つまり、上記の想定でフレシャスを利用した場合の1年間の合計費用は、114360円。
110400円+3960円=114360円

 

ナノラピアネオを利用した場合の1年間の合計費用

 

 

1年間の合計費用 56289.6円

 

ウォータースタンドの中でも最も人気の高い、ナノラピアネオを通常プランでレンタルしたとしましょう。

 

この想定の場合の54リットルの水道料金を東京都の水道料金で計算すると、10.8円です。
54×12=10.8円

 

なので1年間あたりのナノラピアネオで利用する水の料金は、129.6円です。
10.8円×12=129.6円

 

ナノラピアネオの電気代は、1か月当たり500円から700円。
今回は高い方の700円で計算することにします。

 

すると、1年間あたりのナノラピアネオの電気代は8400円。
700円×12=8400円

 

ナノラピアネオの月々の通常プランの1ヶ月のレンタル料金は、3980円です。

 

1年間のサーバーレンタル料金は、47760円。
3980円×12=47760円

 

つまりナノラピアネオを上記の想定で利用した場合の1年間の合計費用は、56289.6円ということになりますよね。
47760円+8400円+129.6円=56289.6円

 

フレシャスdewoとナノラピアネオの1年間の費用を比較

 

 

フレシャスdeoの合計費用 114360円
ナノラピアネオの合計費用 56289.6円
差額 58070.4円

 

 

 

ウォータースタンドとフレシャスをそれぞれ1年間利用した場合の料金を比較すると、ウォータースタンドの方が58070.4円安いです。

 

 

 

 

 

フレシャスの解約金を支払ってでもナノラピアネオを利用した方がコスパが良い

 

ウォータースタンドの料金

フレシャスの解約金

フレシャスdewoの料金
1年未満の解約 71289.6円 114360円
1年経過後から2年未満での解約 65289.6円 114360円

 

 

 

フレシャス1年未満で解約しても43070.4円、1年経過後2年未満での解約の場合でも49070.4円、ウォータースタンドの方が安く利用できるわね!

 

 

ウォータースタンドのすごいところは、どんなにお水を飲んでも1リットルあたり0.2円しかお水代がかからないことよ!もし、1ヶ月に100リットルお水を飲んだとしてもお水代は20円。200リットルお水を飲んだとしても40円なの♪

 

 

100リットルお水を飲む量が増えたとしても、20円しか毎月の料金が変わらないなんて驚きだわ♪

 

 

 

【期間限定乗り換えキャンペーン実施中】

\飲み水・お料理にも使えて主婦に大人気/

 

 

 

フレシャスの解約金:1年未満での解約金15000円
1年経過後から2年未満での解約金:9000円

 

解約金を支払ってナノラピアネオに乗り換えて1年間利用した場合の料金
=ナノラピアネオの1年間の合計費用+フレシャスの解約金

 

 

【上記の想定の場合】
●1年未満で解約の場合
56289.6円+15000円=71289.6円

 

※フレシャスdewoの1年間の使用料金:114360円

 

●1年経過後から2年未満での解約の場合
56289.6円+9000円=65289.6円

 

※フレシャスdewoの1年間の使用料金:114360円

 

 

 

まとめ

 

フレシャスの利用を不満を感じたからと言って、簡単に他社のウォーターサーバーメーカーに乗り換えてしまうと、後悔してしまう可能性は否定できません。

 

 

 

とはいえ、一度何らかの不満が出てしまえば、それを解決できない限りフレシャスを利用し続けることというのはストレス以外の何物でもないですよね。

 

 

 

特に、家族の健康を第一に考える私たち主婦なら、飲み水はもちろんのこと、お料理に使う水だってなんだって体に入る水全てにこだわりたいものです。

 

 

 

そう考えますと、もしフレシャスの契約を解約することを考えているなら、他社の宅配型のウォーターサーバーへの乗り換えではなく、ウォータースタンドに乗り換えがおすすめです。

 

 

 

 

今ならウォータースタンドでは、期間限定で乗り換えキャンペーンも実施中ですので是非この機会を逃さないようにして下さいネ!

 

 

【期間限定乗り換えキャンペーン実施中】

\飲み水・お料理にも使えて主婦に大人気/

ページの先頭へ戻る