フレシャスの配送スキップを徹底活用する方法

 

フレシャスの配送スキップの効果的な利用法をご存知ですか?

 

 

 

もし、フレシャスの配送スキップを適当に利用しているなら要注意です!

 

 

 

それというのも、配送スキップを利用して2回連続でフレシャスの水を休止すると、休止手数料として1080円(税込)が、配送スキップを利用している間毎月発生してしまいます。

 

 

 

そうならないためにも、配送の度にフレシャスの水が余ってしまって無駄にならないように、配送周期や水の注文を上手に行う必要があります。

 

 

 

そこで今回は、配送スキップなどのステムを上手に利用して 、 フレシャスの水を余らせてしまうことのないようにするためのポイントなどについてまとめました。

 

 

 

下記の【この記事のポイント】をタップして頂くことでお好きなところから読み進めることができます。効率よく必要な情報を確認するためにも、ぜひご活用ください♪

 

 

 

フレシャスの配送スキップについて知らない方はこちらから

 

フレシャスの配送スキップについて、どんなシステムなのかはっきりとご存知ですか?

 

 

 

 

フレシャスの配送を休止することができるシステムでしょ?

 

 

 

って単純に理解しているだけなら、ちょっと注意が必要です。

 

 

 

その理由は、フレシャスの配送スキップについてのシステムをしっかりと理解してないと、逆に無駄な費用を支払ってしまうことになって後悔してしまう可能性があります。

 

 

 

そこで、フレシャスの配送スキップについてもう一度確認してみましょう。

 

 

 

フレシャスの配送スキップ

 

フレシャスの配送スキップとは、定期的に配送されるフレシャスの水の配送を休止( スキップ)することができるシステムです。

 

 

 

お水が到着する日の7日前までに配送スキップの連絡が必要

 

 

 

フレシャスの配送スキップは、次の定期配送到着日の7日前までに連絡が必要です。

 

 

 

配送スキップの連絡については、マイページや自動音声案内にて申し込みをすることができます。

 

 

 

2ヶ月以上の配送スキップで手数料が発生

 

フレシャスの配送スキップでは、2ヶ月間以上連続で定期配送を休止した場合、休止手数料としてウォーターサーバー1台あたり1080円を請求されることになります。

 

 

 

3ヶ月以上連続で配送スキップをした場合契約解除になる場合がある

 

 

フレシャスの宅配サービスご利用規約によると、

 

第9条(ご利用契約の解除)

 

(4)本サービスを3ヶ月間続けて休止した場合であって、弊社がお客様のご利用意思がないと判断したとき(当該期間中、お客様から弊社に対して一切ご連絡を頂けない時を含みますが、これに限られません)

 

と定められています。

 

 

 

こちらについてフレシャスに直接問い合わせしてみたところ、

 

 

長期間のスキップを行う場合は、メーカーへ直接問い合わせを行う必要があります。その上で配送を停止させていただくことになります。


 

ということでした。

 

 

 

ちなみに、最低契約期間内の強制解約であれば、解約金も発生してしまうということでしたので注意が必要です。

 

 

 

 

長期の出張などで3ヶ月以上の利用ができない場合は、通常の配送スキップの手続きではなく、フレシャスに連絡を行ったうえで必要な手続きを進めましょう。


 

 

フレシャスの水を無駄にしない3つのポイント

 

  • フレシャスの配送周期を調整する
  • フレシャスの水を飲みきれるかどうか心配な場合は配送される水の量が少ない機種を選ぶ
  • フレシャスの水の追加注文を上手に利用する

 

 

フレシャスの水を無駄にしないポイントは上記3つです。

 

 

 

早速見ていきましょう!

 

 

 

フレシャスの配送周期を調整する

 

配送周期は、

 

  • 毎週
  •  

  • 2週間
  •  

  • 3週間
  •  

  • 4週間
  •  

 

の曜日を指定して、

 

  • 8時から12時
  •  

  • 12時から14時
  •  

  • 14時から16時
  •  

  • 16時から18時
  •  

  • 18時から20時
  •  

  • 19時から21時
  •  

 

上記の時間の中から希望の時間を指定して、配送してもらうシステムとなっています。

 

 

 

例えば、3月1日から4週間ごとの配送周期を希望した場合、29日にフレシャスの水を受け取ることになります。

 

 

 

 

水を飲みきれるかどうか心配な場合、配送周期が最長の4週間にしておくと水を飲みきれないという心配はないでしょう。


 

 

配送される水の量が少ない機種を選ぶ

 

フレシャススラット

1箱
18.6 L(9.3L)

フレシャスデュオミニ

1箱
18.8L(4.7Lパック4個)

フレシャスデュオ 
サイフォン
アクウィッシュ

1箱
28.8L(7.2Lパック4個)

 

 

フレシャスでは機種によって水パックを利用する機種や、水ボトルを利用する機種があります。

 

 

 

そして、機種に応じて水パックや水ボトルに入っている水の量が異なります。

 

 

 

なので、一人暮らしの方で、フレシャスの水を飲みきれるかどうかということが心配な場合は、配達されるフレシャスの水の量が少ない機種を選びましょう。

 

 

 

フレシャスの水の追加注文を上手に利用する

 

 

水の周期は最長のものを選び、宗門本数は最低限の利用量で注文し、水が足りなくなったぶんだけ追加で注文をするようにしましょう。

 

 

 

追加注文の方法は、マイページは自動音声案内から24時間から注文することができます。

 

 

 

追加注文では午前中までに注文した場合、当日の午後に発送してもらうことが可能ですので急な場合でも助かります。

 

 

 

またお仕事なので時間の都合がある場合は、マイページから表示されている日付を選択して配送日時を選ぶことも可能です。

 

【定期配送のスキップ・追加注文の方法】

 

マイページから申し込み
自動音声案内 0120-688-087(年中無休)

 

 

 

まとめ

フレシャスの配送スキップの仕組みを知らずに利用すると、最悪の場合強制的に解約をさせられてしまうことになります。
強制的に解約されなくても、2ヶ月以上連続でスキップ制度を利用することで休止手数料が発生してしまいます。

 

 

このように聞くと、配送スキップについてネガティブなイメージが湧いてきそうですが、の制度について理解して利用すれば何の心配も必要もありません。

 

 

 

とはいえ配送スキップを利用してフレシャスの水の配送を調整するということを考えるよりも、

 

 

  1. 配送周期を最長の周期にする
  2.  

  3. フレシャスの水を1箱単位で注文し、必要に応じて追加注文をする
  4.  

  5. 配送される水の量が少ない機種を選ぶ
  6.  

 

 

 

というような方法で利用を行っていくことで手数料を取られる心配もありませんのでお勧めです♪


ページの先頭へ戻る